相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?20時00分
MENU

Author Archive

後遺障害等級併合12級と賠償金400万円を獲得した事例

依頼者  50代女性 会社員 結 果  (既払差引後)400万円,遅延損害金116万円,訴訟費用争 点  事故態様,過失割合,症状固定時期,後遺障害の有無,素因減額の当否,     家事従事者の休業損害,慰謝料,労働能力喪失期間,既往歴の疑い後遺障害 頑固な神経症状を残すもの(後遺障害等級併合12級) 受傷部位 外傷性頚部症候群,腰椎捻挫,頸椎捻挫後下顎骨変位,頭頚部外傷症候群,     視野
続きを読む >>

請求した全額の慰謝料を獲得した事例

依頼者  30代男性 自営業手伝い 結 果  治療費,通院交通費,慰謝料約53万円で示談争 点  休業損害,慰謝料後遺障害 無し 受傷部位 腰(腰椎捻挫) 事故状況 車対車。十字交差点において,正面衝突した。当方に過失は無し。        当事務所の対応 依頼者の収入を示す公的書類が何もないことなどから休業損害は認定されなかったが,そのかわり,慰謝料については,請求した額で示談するこ
続きを読む >>

入院後死亡した事故で示談解決した事例

依頼者  60代女性 主婦の相続人 結 果  約4600万円で示談成立争 点  過失,損害額後遺障害 死亡事故 受傷部位 頭部 事故状況 車道の左端を犬の散歩のため歩行中,後方からきた自動車にはねられた。事故現場は,歩車道の区別あり。        当事務所の対応 刑事記録を入手し,過失割合について交渉した。過失割合は,1:9となった。依頼者の納得できる金額で示談することができた。
続きを読む >>

治療の打ち切りを打診してきた保険会社と交渉し,治療期間を3か月延長することに成功した事例

依頼者  60代 女性 結 果  100万円で示談成立争 点  治療の打ち切り(治療継続の必要性)後遺障害 無し 受傷部位 首(むちうち),背中(打撲),腰(打撲),膝(打撲) 事故状況 友人の車に同乗して信号待ちをしていたところ,後方から相手車両に追突された。        当事務所の対応 事故の数日後にご来所されました。事故から約3か月後に,保険会社から治療の打切りについて打診があ
続きを読む >>

事前提示額から10万円以上アップした額で示談した事例

依頼者  30代男性 会社員 結 果  示談成立争 点  損害額後遺障害 無し 受傷部位 首(頚椎捻挫),腰(腰椎捻挫) 事故状況 追突        当事務所の対応 治療が終了し,相談者が相手方保険会社から賠償額の提示を受けていた。同提示を精査すると,慰謝料が自賠責基準で計算されていた。 他方,相談者は,弁護士費用特約に加入していたことから,弁護士費用の自己負担はなく,弊所で受任す
続きを読む >>

緊急事態宣言下における通院頻度が減少した場合について,ほぼ通常通りの通院慰謝料を認めさせた事案

依頼者  40代男性    結 果  (既払差引後)50万円で示談和解争 点  通院慰謝料後遺障害 無し 受傷部位 頸部捻挫,腰背部打撲傷,左肩関節打撲傷 事故状況 依頼者が青信号の交差点に進入したところ,赤信号を無視して交差点に進入してきた相手方車両と衝突した。        当事務所の対応 事故後約4カ月間通院され,相手方保険会社に対して通院慰謝料を請求したところ,相手方保険会社は
続きを読む >>

相手方保険会社に治療の支払継続と,希望額に近い通院慰謝料を認めさせた事例

依頼者  30代女性,公務員 後遺障害 なし受傷部位 頚椎捻挫,腰部打撲傷,両肩打撲結 果  約90万円で示談成立 争 点  治療費,通院慰謝料,交通費   事故状況 依頼者が交差点で赤信号のため停車していたところ,相手方車両が後方より追突。   当事務所の対応 依頼者は,事故による受傷(腰椎捻挫)が原因で整形外科への通院を余儀なくされていたところ,保険会社から
続きを読む >>

コロナ禍のため通院を中断してしまっていたがその期間についても通院期間として認められた事例

依頼者  40代,女性 後遺障害 なし受傷部位 頚部捻挫・背部挫傷・腰部捻挫結 果  人損:約90万円を獲得した 争 点  通院期間   事故状況 信号機のない道路で前の車が右折するために停車していたため、その後ろで待機していたところ、後方より走行してきた相手方車両に追突され,お怪我をされました。   当事務所の対応  今回の事故により,依頼者様はむち打ち等(頚
続きを読む >>

コロナ禍のため通院を中断してしまっていたがその期間についても通院期間として認められた事例

依頼者  50代,女性 後遺障害 なし受傷部位 頚椎捻挫結 果  人損:75万円を獲得した 争 点  通院慰謝料   事故状況 夫が運転する車の助手席に乗車中,青信号で右折しようと交差点に進入したところ,左方から交差点を直進してきた相手方車両と衝突し,お怪我をされました。   当事務所の対応 今回の事故により,依頼者様はむち打ち(頚椎捻挫)のお怪我をされ,通院を
続きを読む >>

事故の負傷が原因でスポーツジムに通えなくなり,その解約料についても損害として認めさせた事例

依頼者  40代,男性 後遺障害 第14級9号「局部に神経症状を残すもの」受傷部位 左足部打撲傷,左手部打撲傷,左大腿部打撲傷,腰椎捻挫,左胸部打撲傷,頚椎捻挫結 果  人損:自賠責115万(既払金80万円除く),及び相手方保険会社より200万円      物損:11万6000円を獲得した 争 点  損害額について 事故状況 依頼者が徒歩で青信号に従い交差点の横断歩道を横断中,後方より進
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~20:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP