相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?21時00分
MENU

解決事例

鍼灸院での治療費負担を求め,支払いを受けた事例

依頼者  20代,女性 後遺障害 なし受傷部位 左側頭部打撲症・外傷性頭蓋内出血の疑い・左中足骨骨折・左足関節挫傷・頚椎捻挫 結 果  (既払差引後)77万円で和解(示談和解)争 点  鍼灸治療費の支払い 事故状況 依頼者が自転車で信号のない交差点を直進しようとしたところ,左方向から直進してきた相手方車両右側面に衝突され,転倒,受傷した。   当事務所の対応 依頼者は特殊な仕
続きを読む >>

加害者が無保険のケースで,過失割合について争い示談で解決した事例

依頼者  30代男性 会社員 受傷部位 頚部・背部・腰部捻挫結 果  60万円で和解(示談和解)争 点  過失割合 事故状況 当事者ら車両が同方向へ走行していたところ,依頼者車両の後ろへ入ろうとした加害車両が接触し受傷した。頚部および腰部捻挫と診断され,事故により車両も損傷した。    当事務所の対応 相手方が任意保険に加入していなかったことから,早期解決と債権回収がポイントとなり
続きを読む >>

自転車に乗って走行中,交差点内で相手方車両と接触し,頚椎捻挫等の傷害を負ったが,保険会社から150万円(自賠責・相手方保険会社既払い金を除く)の賠償金を獲得した事例

依頼者  40代,女性,会社員 神戸市在住の方 後遺障害 14級9号受傷部位 頸椎捻挫,右肘・右膝打撲及び擦過傷 結 果  150万円で示談成立(自賠責・相手方保険会社既払い金を除く) 争 点  症状固定日 事故状況 依頼者が,自転車に乗ってゆるやかな坂道を下っていたところ,左方から直進してきた相手方車両と接触し,転倒した。   当事務所の対応  ご依頼者様は,まだ治療中であったに
続きを読む >>

弁護士の介入により,保険会社提示額よりも高額な示談金を取得した事例

依頼者  50代/女性/兼業主婦 後遺障害 無し 受傷部位 右肘挫傷,右肩挫傷,右下腿筋挫傷,頚椎捻挫 結 果  約200万円で和解(示談和解) 争 点  休業損害及び慰謝料について 事故状況 依頼者が自転車にて走行していたところ,後方から相手方運転の普通自動車に追突された。 当事務所の対応 依頼者は,相手方保険会社から提示された金額に納得がいかないとのことで,当事務所に依頼されました。当初
続きを読む >>

フォークリフトとぶつかり、左肩関節可動域制限の後遺障害を負った労災事故で、後遺障害等級10級が認められた事例

依頼者  40代 男性 会社員 神戸市在住 後遺障害 左肩関節可動域制限 受傷部位 左肩関節捻挫,骨盤骨折,腰椎骨折 結 果  約3400万円にて和解(示談和解) 争 点  労働者災害補償保険の等級認定について   事故状況 取引先の敷地内で作業中,フォークリフトがぶつかってきて,負傷した。 当事務所の対応 労働基準監督署は,当初,左肩(患側)の関節可動域は右肩(健側)
続きを読む >>

頸椎捻挫・左手挫傷等により二年間にわたって通院した事案で、治療経過の詳細な主張立証により、全通院期間の治療費と通院慰謝料、主婦の休業損害を含む裁判上の和解が成立した事例

依頼者  40代女性/専業主婦 後遺障害 無  受傷部位 頚部挫傷,左手・腰部挫傷  結 果  約500万円で和解成立。(裁判上の和解)  争 点  症状固定時期及び休業損害  事故状況 依頼者運転の車両が直進中に,相手方運転の車両に後方から追突された。   当事務所の対応 依頼者は,本件交通事故により二年間にわたって通院しましたが,相手方は,症状固定の時期は一年以上
続きを読む >>

弁護士の介入により,裁判基準を超える慰謝料を獲得した事案

依頼者  40代,男性,会社員  後遺障害 非該当 受傷部位 鎖骨骨折(肩周辺の運動時違和感の自覚症状) 結 果  約50万円 争 点  入通院慰謝料 事故状況 自転車で走行中,信号機のない交差点に進入した際,出会いがしらに相手方が運転する自動車と衝突した。 当事務所の対応 信号機のない交差点での事故であり,過失割合についても争点となりうる可能性もあったため,実況見分調書を取得し,事故状況
続きを読む >>

保険会社が事故の発生自体を否定したため,賠償金の支払いを拒んでいたが,弁護士の介入により,当方の主張通りの賠償金を支払ってもらうことに成功した。

依頼者  50代 男性 会社員    結 果  約1000万円超で判決争 点  ①依頼者が事故を故意に発生させたか(保険金詐欺事件であるか)              ②依頼者の受傷の程度及び後遺障害の成否 後遺障害 12級13号相当 受傷部位 頸椎,腰椎(腰痛,左大腿痛,しびれ,下肢筋力低下の自覚症状) 事故状況 依頼者が,同乗者運転の車両の後部座席にシートベルトを装着して乗車していたとこ
続きを読む >>

保険会社による治療費打切りを退け,休業損害を認めさせた事例

依頼者  40代 男性 自営業    結 果  約100万円で示談成立争 点  治療費,休業損害後遺障害 なし受傷部位 腰椎捻挫 事故状況 依頼者が自動車で停車中,小型バイクの相手方が左後ろバンパーに接触        当事務所の対応  依頼者は,事故による受傷(腰椎捻挫)が原因で整形外科と鍼灸院への通院を余儀なくされていたところ,保険会社から治療費の打切りを告げられたことで当事務所にご
続きを読む >>

症状固定日に争いがあったが,当方の主張を認めさせ,治療費を支払わせることに成功した事例

依頼者  40代 女性 専業主婦 神戸市在住    結 果  物損:約13万円 人損:約300万円争 点  症状固定日  後遺障害 外傷性頚部腰部症候群 受傷部位 頚部,腰部,左上肢,左下肢事故状況 青信号で走行中,信号無視をした相手方に交差点で衝突された。        当事務所の対応  物損について,過失割合0:100を認めさせ,時価額に修理費も上乗せして支払いを受けることができま
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP