相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?21時00分
MENU

Q 交通事故に遭ったら、必ず警察に連絡しなければならないのでしょうか?

A.
交通事故に遭った場合、加害者から、「必ず治療費を全額支払うから警察に連絡しないでほしい」と言われることがあります。特に、少し衝突しただけの軽い事故の場合や、加害者が仕事上、運転免許が不可欠で、免許停止処分になると困る場合には、加害者は警察への連絡をひどく嫌がります。


しかし、どんな場合でも、交通事故に遭ったら、必ず警察に連絡しなければなりません。
なぜなら、加害者が治療費を払ってくれないなど、後日争いになった場合、加害者側の保険会社に請求したり、裁判を起こしたりすることになりますが、警察に連絡していなければ、請求の根拠を証明することが非常に困難になるからです。

 

具体的には、警察への報告がなされていないと、自動車安全運転センターから、いつどのような事故が発生したかを証明する交通事故証明書を発行してもらえません。また、警察官が現場を調査し作成する実況見分調書が作られません。そのため、事故態様や負傷との因果関係を、客観的な証拠で証明することができず、加害者やその保険会社から損害を賠償してもらえないことが考えられます。

 

交通事故に遭ったら、軽い事故だと思っても、あるいは加害者から連絡しないよう頼まれても、必ず、警察に連絡するようにしてください。


初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP