相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?20時00分
MENU

Q 被害者が経済的に困窮した場合にとり得る法的方法

Q.先日、交通事故に遭いました。主治医の先生に聞いたところ、当面は仕事を休んで治
療に専念しなさいといわれました。このまま働かずにいると収入がなくなってしまいま
すので、私や家族の生活が心配です。法的にどのような対応方法がありますか?

 

A.交通事故に遭われた方の中には、事故による傷害のために休業や失職を余儀なくされ、
経済的に不安を覚えておられる方もいらっしゃるかと思います。


  そこで、まずは①加害者が任意保険に加入されていた場合には、保険会社に対し、
払いとして休業損害等を請求することを検討しましょう。
 次に、②相手方が任意保険に加入していなかったり、内払いの支払に応じなくなった
りした場合には、自賠責の被害者請求をすることで仮渡金や内払金を得ることが考えら
れます。


 さらに、治療が長引くようですと、③仮支払の仮処分申立をすることが考えられます。
 ただし、上記申立はかなりの疎明を必要としますし、相手方が争ってきた場合には、
数ヶ月の審理を要することも多く、即効性に欠けるおそれがあります。
 交通事故に遭われた方で経済的に不安を覚えておられる方は、一度交通事故の問題に
詳しい弁護士にご相談ください。


初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~20:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP