相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?20時00分
MENU

Q 目撃者がいない場合に、どのようにして過失割合を決定するのでしょうか?

A.
過失相殺における過失割合は、両当事者の位置関係、事故現場の道路状況、事故当時の現場の明るさ、互いの対面信号の状況など、諸々の要素を考慮して、算定されますが、これらの事実は証拠によって証明しなければなりません。

目撃者がいない場合は、自動車にドライブレコーダーが搭載されていれば、その映像が資料の一つになります。また、事故後に警察が作成した実況見分調書や、信号サイクル表なども使える場合があります。このような資料を総合して、どのような事故であったかを立証することになります。さらに、裁判を起こす場合は、交通事故の調査をする専門の会社に鑑定を依頼することもできます。

The following two tabs change content below.

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ

交通事故の被害に遭われた場合、弁護士に相談することで、交通事故に関して受けられる賠償金額が大幅に増額するケースが多々あります。弁護士にご相談いただければ、事故直後から、医療機関における適切な検査方法や保険会社との対応方法等といった個々の被害状況に応じたアドバイスをさせていただきます。ぜひ、交通事故に強い弁護士にご相談ください。

最新記事 by 弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ (全て見る)


初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~20:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP