相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?21時00分
MENU

弁護士が医師との面談に同行し、約1億1000万円の損出を防いだ事例

被害者:50代男性 会社員
後遺障害:脊髄損傷(後遺障害等級1級)


事故状況

被害者は仕事帰りに横断歩道を渡っていたところ、道路を渡りきる直前に自動車にはねられてしまいました。相手方は、被害者が当時飲酒をした状態であり、横断歩道を渡りきったが、その後被害者が引き返してきたために事故になったと主張していました。


当事務所の対応

事故によって脊髄損傷となり、働き続けることができなくなってしまいました。はじめは被害者の奥様が同行をして医師との面談を行いましたが、事故で急に収入が無くなり、精神的に不安定になっていたこともあり、病院の先生とトラブルを起こしてしまい、診断書を書いていただくことが出来ませんでした。
診断書をもらうことが出来ないと後遺障害の認定を受けることができませんので、当事務所の弁護士が医師との面談に同行し、丁寧に事情を説明したところ、診断書を書いてもらうことに成功しました。


結果

最終的に裁判で判決となり、損害賠償3000万円(自賠責保険金4000万円受領済み)で解決することができました。
依頼者は数年前にマンションを購入したばかりで、そのほとんどのローンが残っている状態でした。収入がなくなりローンの返済ができなくなっていたため、競売にかけられそうになっていました。そこで、加入していた団体信用生命保険に後遺障害の申請をしたところ、4000万円のローン債務が全てが無くなりました。死亡事故の他、重度障害もローン免除の対象となっていました。


ポイント

弁護士が医師との面談に同行したことが結果につながりました。医師とトラブルを抱えたままであれば、損害賠償も自賠責も受け取る事が出来ず、ローンも残ったままでした。面談まで同行することにより、約1億1000万円の損失を防ぐことができました

 

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP