相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?21時00分
MENU

弁護士の介入により,保険会社提示額よりも高額な示談金を取得した事例

依頼者  50代/女性/兼業主婦
後遺障害 無し
受傷部位 右肘挫傷,右肩挫傷,右下腿筋挫傷,頚椎捻挫
結 果  約200万円で和解(示談和解)
争 点  休業損害及び慰謝料について
事故状況 依頼者が自転車にて走行していたところ,後方から相手方運転の普通自動車に追突された。

当事務所の対応

依頼者は,相手方保険会社から提示された金額に納得がいかないとのことで,当事務所に依頼されました。当初の保険会社提示額は,休業損害が含まれておらず,通院慰謝料は,自賠責基準で算定した最も低い金額となっていました。

そこで,当事務所は,事故によって家事に支障が出たことや,職場を変更をせざるを得ない状況になったことを主張するため,依頼者に詳しく聞き取りを行い,陳述書を提出して事情を説明しました。また,通院慰謝料について,傷害が軽傷ではないため,裁判基準で算定すべきであると主張しました。

その結果,休業損害が認められ,通院慰謝料についても,当方の請求額が全て含まれた金額で示談が成立し、当初の保険会社提示額の3倍近くの示談金を取得することができました。

上肢(肩、腕)の最新記事

解決事例の最新記事

首(むちうち)の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP