相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?20時00分
MENU

治療費の支払いが打ち切られ,通院慰謝料にも争いがあったが,目安通りの金額で示談できた事例

依頼者  30代,男性、自営業

後遺障害 なし
受傷部位 腰椎捻挫
結 果  約80万円で示談成立
争 点  治療費,通院慰謝料

事故状況

依頼者が自動車で停車中,相手方車両が追突。

 

当事務所の対応

依頼者は,事故による受傷(腰椎捻挫)が原因で整形外科への通院を余儀なくされていたところ,保険会社から治療費の打切りを告げられたことで当事務所にご来所されました。
依頼者はまだ受傷部に痛みがあり,通院を継続したいご意向だったため,そのまま自費で通院していただき,和解時に治療費の全額および相当額の通院慰謝料を相手方保険会社に請求したところ,治療費は全額支払うとの回答が得られたものの,通院慰謝料については目安の金額を2割ほど下回る金額を提示されました。
しかし,弁護士が粘り強く交渉した結果,当方が希望していた目安通りの通院慰謝料を認めさせ,依頼者にもご満足いただける結果となりました。

 

 

腰椎の最新記事

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP