相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?20時00分
MENU

事故直後は怪我がなく,物損での届出をしていたものの,後から痛みが出たため通院し,その慰謝料の取得に成功した事例

依頼者  20代 男性 会社員 神戸市在住  
後遺障害 関節運動時の疼痛,腰部等の圧痛,筋緊張
受傷部位 両肩関節捻挫,腰椎捻挫,頚椎捻挫  
結 果  物損:約20万円(示談和解),人損:約100万円(自賠責保険) 
争 点  物損についての過失割合,人損についての慰謝料 
事故状況 依頼者が職場から自家用自動車にて帰宅していたところ,相手方が運転する自家用自動車が急に右折してきて,側面に接触された。       

当事務所の対応

 依頼者は,事故直後は怪我もなく,痛みもなかったため,物損事故として届出をしていました。しかし,数時間後に痛みが出てきて病院へ行ったため,通院の慰謝料が出るのかが争点となりました。

また,依頼者には既往症があり,通常の交渉では損害賠償を得る事が難しい事案でした。

 

相手方は当初より頑なな姿勢を崩さず,当方への連絡にも応じようとしませんでした。このような場合,交渉が長引くことが予想されますが,依頼者は早期解決をご希望でしたので,労災の手続きをすることにいたしました

 

一般的に交通事故の慰謝料は,裁判基準の方が高額になりますが,当該事故の場合は通院日数が長かったことや,過失割合等々から,自賠責基準の方が高くなりました。どの基準を採用すれば高額になるかは事件によりますので,専門家にご相談されることをお奨めいたします。

解決事例の最新記事

非該当の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~20:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP