相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?20時00分
MENU

無保険かつ飲酒・無免許運転で逮捕・起訴された相手方と示談が成立した事例

依頼者  40代,男性,会社員

後遺障害 なし
受傷部位 腰椎捻挫,頚椎捻挫,左肩捻挫,背部筋挫傷
結 果  物損につき,40万円の損害を認めさせた
争 点  無保険の相手方にどうやって損害賠償請求するか

事故状況

運転中,後方から無免許,無保険,飲酒運転の相手方に追突された。相手方は事故後逃走。後日,警察に逮捕,起訴された。

 

当事務所の対応

相手方が無保険で,無免許運転および飲酒運転で逮捕・勾留されていることから,相手方とどう交渉するかが問題となりました。人身については,依頼者が加入していた人身傷害保険を利用しました。
物損については,相手方についていた国選弁護人と交渉し,40万円の損害を認めさせました。ただ,相手方は資力がなく,賠償金は分割弁済となったため,不履行があった場合に備え,公正証書を作成し,示談が成立しました。

 

物損の最新記事

肩の最新記事

腰椎の最新記事

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP