相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?20時00分
MENU

バイクを走行中,交差点内で一旦停止をしなかった相手方車両との事故で傷害をおった事例

依頼者  50代,女性,パート勤務

後遺障害 第14級9号「局部に神経症状を残すもの」
受傷部位 右橈骨遠位端骨折,両下腿打撲傷,肋骨骨折
結 果  人損:自賠責約100万(既払金除く),及び相手方保険会社より約380万円

     物損:約20万円を獲得した
争 点  通院慰謝料・過失割合

事故状況

依頼者がバイクで走行中,信号機のない交差点にさしかかったところ,左方より一旦停止することなく交差点に進入してきた相手方車両と接触し,その衝撃で横転し,怪我をしてしまいました。

 

当事務所の対応

依頼者様は通院しながら相手方保険会社との交渉は,心身ともに大変でなかなかお話が進まないとのことでご相談にご来所されました。

 

通院は比較的長期に及び,症状固定までに日数を要したため,先行して,休業損害の請求をし,生活の不安を少しでも払拭するように交渉しました。通院慰謝料については,相手方保険会社から減額の求めがありましたが,基準額から減額する合理的な理由はないものとし,当方の請求が認められました。過失割合については,相手方は当初一時不停止を認めていませんでしたが,当方の証拠収集により,相手方の一時不停止が客観的に明らかとなり当方の主張の過失割合を認めさせることができました。

 

人損・物損の総額約400万円となり,十分な金額であると判断できたことから,示談解決に至りました。

 

 

下肢の最新記事

物損の最新記事

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~20:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP