相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?20時00分
MENU

自賠責保険金約3400万円と相手方保険会社既払金約2500万円以外に賠償金1億円を獲得した事例

依頼者 40代 男性 会社員

後遺障害 頚椎損傷、四肢麻痺、排尿、便障害、膀胱・直腸・性機能障害(後遺障害別表第一第1級1号)

受傷部位 頚椎・膀胱・直腸・性機能

結果 1億円で和解(訴訟上の和解)

争点

過失割合、逸失利益、将来の介護費用

 

事故状況

親族が自動車を運転して,交通整理の行われていない交差点を直進していたところ,加害者が同交差点手前に一時停止の道路標識があるにもかかわらず一時停止をせず,時速約40キロメートルで同交差点に進入し,被害車輌に加害車両を衝突させ,その衝撃により被害車輌を路外に転落させた。
 

当事務所の対応

過失割合、後遺障害による逸失利益及び将来の介護費用が主な争点となりました。特に、将来の介護費用については、相手方も医師の複数の意見書を提出してくる等、熾烈に争う姿勢をみせてきました。

 

こちらも主治医と何度も面会を重ね、診断書や照会書を複数、裁判所に提出することで応戦しました。また、摘便を中心とした近親者による介護状況を詳細に陳述することで、介護状況の大変さを裁判所に訴えました。

 

裁判官は、この介護状況の大変さを非常に良く理解していただき、和解案として、既払金(自賠責保険金約3400万円と相手方保険会社既払金約2500万円)を除いた賠償金として1億円が提示され、和解が成立しました。

下肢の最新記事

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~20:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP