相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?21時00分
MENU

症状固定日に争いがあったが,当方の主張を認めさせ,治療費を支払わせることに成功した事例

依頼者  40代 女性 専業主婦 神戸市在住   

結 果  物損:約13万円 人損:約300万円
争 点  症状固定日 

後遺障害 外傷性頚部腰部症候群

受傷部位 頚部,腰部,左上肢,左下肢
事故状況 青信号で走行中,信号無視をした相手方に交差点で衝突された。

      

当事務所の対応

 物損について,過失割合0:100を認めさせ,時価額に修理費も上乗せして支払いを受けることができました。

 人損について,症状固定日が争点となり,相手方保険会社は早々に治療費打ち切りを言い出してきました。そこで主治医へ医療照会をしたところ,「症状固定時期を迎えていない」旨の回答を得ることができました。また通院頻度もリハビリも主治医の指示によるものであることを主張しました。
 
 相手方保険会社は弁護士をつけてなおも争ってきたため,自賠責被害者請求をすることにし,その結果,14級の認定を受けることができました。

 14級認定の結果をふまえ改めて示談交渉を再開し,治療費のほぼ全額,またプラスして後遺障害慰謝料や逸失利益,休業損害等々についても認めさせ,示談額を大幅に増額させることに成功しました。

上肢(肩、腕)の最新記事

下肢の最新記事

解決事例の最新記事

非該当の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP