相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?21時00分
MENU

当初、自賠責保険の事前認定が非該当であった件について、画像鑑定意見書を付して異議申立をした結果、局部に神経症状を残すものとして14級相当の認定が認められた事例

依頼者:30代女性・事務員

事故状況:歩行中、右折してきた車に衝突され、負傷した事案
後遺傷害:頚部捻挫を理由とする局部に神経症状を残すものとして14級相当

 

結果

約350万円(既払い金を含む)で示談成立(示談交渉)

 

当事務所の対応

当初、被害者自身が交渉した結果、保険会社の事前認定において、後遺障害等級は非該当という結果が出ていました。その後、被害者が他の法律事務所に異議申立を含め、依頼したところ受任を断られたということで、当事務所にもご相談に来られました。


通院期間が7カ月ということで微妙な事案でしたが、通院回数が定期的かつ多数回であったことから、添付資料次第では異議申立がとおる可能性があると考え、受任しました。その後、協力医の画像鑑定意見書を付して、自賠責保険の異議申立をしたところ、局部に神経症状を残すものとして14級相当の認定結果がでました。


14級相当を前提に交渉した結果、既払い金を含み、約350万円の示談で解決しました。 

 

解決事例の最新記事

首(むちうち)の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP