相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?20時00分
MENU

相手方保険会社との交渉により治療費が早期に打ち切られることを回避した事例(神戸市在住の方)

依頼者 20代 男性 自営

後遺障害 なし

受傷部位 頚部捻挫,背部捻挫,腰部捻挫

結果 物的損害約22万円 人的損害40万円で示談

争点 通院期間及び通院慰謝料

 

事故状況

交差点手前で信号待ちのため停止したところ,後方より相手方車両に追突された。 

 

当事務所の対応

相手方保険会社から治療費の支払を打ち切る旨伝えられたものの、体調が思わしくなく、通院を継続するご希望でしたので、治療費の支払が打ち切られないよう相手方保険会社と交渉してもらいたいと当事務所にご来所されました。

 

早期に、症状固定として相手方保険会社からの治療費の支払が打ち切られてしまうと、治療費が自己負担になる他、通院慰謝料の金額も不当に下がってしまうおそれがあります。

よって,受任時から積極的に相手方保険会社と交渉を開始し、専門医の意見がないこと等を指摘した上、治療費を支払う期間を延長するよう求め、了承を得ました。

 

 

また、通院慰謝料を請求する際には、相手方保険会社から通院期間ではなく通院日数を基準とした低廉な金額を提案がされたため,計算方法が不当であるとして交渉し、依頼者が満足をする金額で合意をすることができました。

解決事例の最新記事

非該当の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~20:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP