相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?21時00分
MENU

保険会社による治療費打切りを退け,休業損害を認めさせた事例

依頼者  40代 男性 自営業   

結 果  約100万円で示談成立
争 点  治療費,休業損害
後遺障害 なし
受傷部位 腰椎捻挫

事故状況 依頼者が自動車で停車中,小型バイクの相手方が左後ろバンパーに接触

      

当事務所の対応

 依頼者は,事故による受傷(腰椎捻挫)が原因で整形外科と鍼灸院への通院を余儀なくされていたところ,保険会社から治療費の打切りを告げられたことで当事務所にご来所されました。

 担当弁護士は,相手方保険会社に対し,依頼者が自営業者で,受傷が原因で仕事に支障をきたしていることを主張し,治癒までの治療費全額と休業損害,通院慰謝料を求めました。

 一般的に,比較的軽微なケガの場合,休業損害は認められにくい傾向にあり,また自営業者の場合は基礎収入の算定や実損の立証に困難を伴います。

 しかし,当ケースでは,弁護士が受傷による仕事への支障を丁寧に説明し,事業所得に固定費を加えるなどして適切な資料提示及び主張を行ったため,早期に休業損害の認定に至りました。

 また,治療費は治癒までの全額,通院慰謝料は請求額に近い金額を認めさせ,結果的に約100万円(既払分除く)の賠償金で示談することができ,受任から5カ月でのスピード解決となりました。

腰椎の最新記事

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP