相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?20時00分
MENU

死亡事故で裁判を起こし、賠償金約2600万円(和解案から180万円増額)を獲得した事例

依頼者:事故に遭われ死亡した80代男性の相続人(妻と子ども)
解決までの期間:約1年


事故状況

被害者の方は信号の無い交差点を自転車で走行中、前方不注意で進入してきた自動車にはねられ、搬送先の病院でそのまま亡くなられました。事故直後から保険会社の対応が悪く、不満に思ったご遺族が、連携をしている司法書士からの紹介で当事務所にご相談に来られました。


当事務所の対応

依頼者の方からのご希望もあり、当事務所が依頼を受けてからすぐに訴訟を申立てました。裁判では過失割合が問題になりました。当初は依頼者が一方通行規制に反し、道路を逆走していたのではないかという懸念もありましたが、事故状況及び通行規制を調査したところ、その可能性はありませんでした。
裁判所から和解案が提示されましたが、依頼者のご要望を尊重し、判決をもらうことにしました。最終的に約2600万円(和解案から180万円の増額)で解決をすることができました。


ポイント

本件では、依頼者のご要望・お気持ちを汲み取り、それを結果に反映させることが重要でした。依頼者のご要望通り、訴訟の申立、判決に進むことで、満足のいく結果が得られました。最後まで粘ったことで、増額をさせることができました。

死亡の最新記事

解決事例の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~20:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP