相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?21時00分
MENU

物損については早期解決を図り,人損については後遺障害等級認定を獲得し,示談金を当初の提示額から2倍近く増額させた事例

依頼者

依頼者A 50代/男性/会社員 

依頼者B 40代/女性/専業主婦

後遺障害

依頼者A 頚部捻挫
依頼者B 頚椎捻挫,末梢神経障害,背部,左肩打撲 (12級13号) 

受傷部位

依頼者A 頸部
依頼者B 頚椎,背部,肩

結果 

依頼者A 物損約40万円,人損約30万で和解(示談和解)
依頼者B 約580万円で和解(示談和解)

争点

物損についての時価相当額,人損についての損害賠償額

 

事故状況

依頼者Aが運転中,左折しようと減速したところ,速度オーバーの相手方に追突された。依頼者Bは依頼者A運転車両の同乗者。

 

当事務所の対応

依頼者Aの車両は全損でしたので,自動車を買い替えましたが,初年度登録より12年が経過していたため,相手方は修理代を少額しか出せないと言ってきました。

 

そこで,当職は依頼者Aの車両の時価資料を集め,また判例も検討材料とするよう相手方へ要請し,ほぼこちらの要望通りの金額で示談が成立しました。

 

より被害の大きかった依頼者Bは,依頼者Aの物損を先に進めている間,治療に専念してもらい,また事故後数か月経っていましたが,MRIを撮影してもらいました。さらに,日常の困難な動作や痛みについて,陳述書にまとめて提出しました。その結果,後遺障害等級が12級で認定されることとなりました。

 

後遺障害等級認定の結果だけでなく,専業主婦の仕事が何か月できなかったか通院交通費や治療費がどれくらいかかり,なぜ必要だったのかも詳細にまとめて交渉しました。その結果,当初約300万円の提示額であったところ,約580万円での示談和解となりました。

 

上肢(肩、腕)の最新記事

肩の最新記事

解決事例の最新記事

首(むちうち)の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP