相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?21時00分
MENU

当初相手方保険会社より出せないと言われたバイク修理代を認めさせた事例

依頼者 10代女性 学生

後遺障害 (物損のみ)

受傷部位 なし

結果 約12万円で和解(示談和解)

争点

バイク修理代

 

事故状況

依頼者は原動機付自転車で直進していたところ、相手方が運転する普通乗用車が右折レーンからUターンをしたが、曲がりきれずに停車した。依頼者がそれを見て先に行こうと前進したところ、相手方車両がバックしてきて追突した。 

 

当事務所の対応

過失割合が争点となりました。

人損事故であれば、実況見分調書を取り寄せ、主張を行うのですが、物損事故では実況見分調書は作成されていないので、取り寄せられません。ただ、物損でも、警察は物件事故報告書を作成しておりますので、同書の略図に記載されている事故状況から、過失割合に関する主張をし、被害者の方に納得のいく過失割合での解決が得られました。

 

 

解決事例の最新記事

非該当の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP