相談料・着手金無料 078-382-3531 電話受付 平日9時00分?20時00分
MENU

示談交渉に応じようとしない相手方に対し,訴訟提起することにより交渉の場へ出てくるようにし,修理費全額の裁判和解を勝ち取った事例

依頼者 50代 女性 会社員 兵庫県在住   
結 果  物損:約130万円(裁判和解) 
争 点  交渉の場に相手方を呼び出すこと及び修理費を適正額で算出すること
事故状況 依頼者(車両)が信号待ちで停車していたところ,相手方が後方より追突してきたため,依頼者車両が前方トラックと相手方車両に挟まれ,損壊した。      

当事務所の対応

 事故直後,相手方は依頼者へ頻繁に連絡してきて,相手方の都合の良い修理会社の修理費で示談しようと急かしてきていました。


 依頼者は,相手方からの頻繁な電話にも疲れ,当事務所へ相談に来られました。弁護士が介入した途端,相手方は連絡を絶ち,当方からの連絡に応じようとしませんでした。交渉ができなくなっため,速やかに訴訟手続へと移行し,相手方が出て来ざるを得ない状況にしました。


裁判では,強制執行による給与差押の可能性なども示唆しつつ交渉を進めた結果,物損費用について全額支払わせることに成功しました。

解決事例の最新記事

非該当の最新記事

初回相談30分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~20:00) 078-382-3531 法律事務所 瀬合パートナーズ ご相談の流れはこちら
PAGE TOP